歓送迎会の挨拶と締め!会の流れと知らなきゃ恥かくポイントとは!?

スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

歓送迎会の季節に成ると、

歓送迎会の挨拶と締めの言葉は悩むところです。

今日は、

どのような挨拶が良いのか又、歓送迎会の一般的な流れについてです。

歓送迎会の挨拶と締め!会の流れ

★歓送迎会の挨拶と締め

まず、歓送迎会の挨拶では、

転出する人に対し感謝の気持ちを述べ、

今後の活躍を祈りつつ、

新人に対しては

「期待している」

と言った励ましの言葉をかけるのが基本です。

具体的なエピソードなどを入れるとより

効果的です。

また、あまり固く考えすぎず、

笑いを取るのも良いでしょう。

あっ!

必ず笑いを取らなければならないと言う訳では

有りませんので念のため^^

それと、最初の挨拶は長く成らないように注意しましょう。

経験上、ビールが温くなるのを待つようで、

酒好きには拷問に近いです(笑)

それでは、以下に歓送迎会の一般的な流れのポイントを、

記載しますので参考にして下さいね。

★開会宣言

司会者が開会を宣言します。それほど大げさに行う必要は無く、

「只今より〇〇部××課の歓送迎会を行います」

や、

「それではこれより、株式会社〇〇商事××部、△△課長の歓迎会をとり行ないます」

「それではこれより、〇〇さんの歓迎会をはじめます」

で良いです。

勿論、もう少し話しても良いのですが、

先にも述べたように、あまり長いと嫌われます^^;

注意してくださいね。

★迎える側による挨拶

まず、司会者が次のように述べます。

「まずはじめに、○○部の△△部長より、ひとことご挨拶をいただきます」

主役について改めて簡単に紹介します。

主役の上司か、

または出席者のうちで最も上の立場の方などが望ましい人選です。

その後、主役が歓迎会を開いて頂いたことへのお礼と、

今後の抱負などを述べます。

送別会もほとんど同じながれとなりますが、

送別会の場合、

送り手の送る言葉が入ります。

これは数名が代表で行うか、

参加者全員が一言ずつ、

述べても良いでしょう。

次に、締めの挨拶ですが、

出来れば幹事さんが事前に根回しをし、

締めの挨拶を行う方に簡単な、

社歴(何年そこで勤務したか等)、家族の変化(子供が出来た等)

をメモにして渡すのがベターです。

会の規模にもよりますが、

最後なので、

あまり長く難しい話しをするよりも、

「力を合わせて共に会社を盛り上げて行きましょう」

的な簡単なスピーチでも良いと思います。

大きな歓送迎会(200人以上)クラスだと、

あまり短いのも如何なものかと思いますが、

それでも1分も話せば、

締めの言葉としては上出来です。

よく最後に万歳三唱をやりますが、

締めの言葉と分けるか、

同じ人がやるかは、特に決まりは無いので、

上司と相談の上、幹事さんが決めるのが

一般的です。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク